ART SETOUCHI イベント
劇団桃唄309公演 『風が吹いた、帰ろう』

○竹田まどか 出演のご案内

東京、高円寺に本拠地を置く劇団桃唄309が
2016年5月、香川県高松市の瀬戸内海に浮かぶ小さな島、
国立ハンセン病療養所「大島青松園」のある島、大島を題材に
お芝居『風が吹いた、帰ろう』を上演しました。

そして、2017年9月、香川県高松市のサンポートホール高松で
ART SETOUCHIの主催でこの度、『風が吹いた、帰ろう』を再演いたします。

kfk_takamatsu_201709

 

 

 

 

劇団桃唄309のウェブサイト 

『風が吹いた、帰ろう』高松公演詳細

関係者一覧
アクセシビリティ
出演者関連ブログ群
関連ツイート群

 

 

○『風が吹いた、帰ろう』公演詳細

ART SETOUCHI イベント

劇団桃唄309
『風が吹いた、帰ろう』
戯曲・演出 長谷基弘

2017年09月23日(土) – 24日(日)
サンポートホール高松 第1小ホール

とある病気のいまとむかし
そしてふへんのあいについて

2016年5月に座・高円寺1で上演した『風が吹いた、帰ろう』。
物語の背景となる高松にて再演。

港から、船で二十分のところに、美しい小島がある。
無知や誤解の元に「業病」「天刑病」などと呼ばれていた病。
ハンセン病。その療養所の島。
かつては、わたしやあなたと変わらない人たちでひしめきあっていた。
今は、ただ静かな島。まばゆい白砂。青々とした松。
手を伸ばせば届きそうな空。
想像してみよう。家族と引き離され、社会からほぼ隔絶され、
わたしやあなたは、何を感じながらここにいたのだろうか。
世の中は、つまりわたしたちは、なにを間違えたのだろうか。
繰り返す波が、浜に砂を運び寄せ、時に砂を削る。
織りなす思い、その海に漕ぎ出そう。
たとえ小舟しかなくても。

ooshima_001

○出演

楠木朝子/佐藤達/山西真帆
富山聡子/高木充子(以上劇団桃唄309)

五十嵐ミナ(office HATTA)/竹田まどか/石坂純(劇団ひまわり)
成本千枝/元尾裕介(カムカムミニキーナ)/山口智恵(大判社)
河野直樹(双数姉妹)

中嶌聡(劇団クレイジーパワーロマンチスト)/小林あや
近藤ミキヲ/綾田將一/さいとうまこと
関根信一(劇団フライングステージ)

西山水木(プリエール)

○タイムテーブル

2017年
9月23日(土)18:30開演
9月24日(日)14:00開演

○チケット

前売一般 2,000円/小中高生 1,000円
当日一般 2,500円/小中高生 1,500円

○チケット取り扱い先

イープラス ※全国どこでも便利にご利用いただけます。

サンポートホール高松プレイガイド 087-825-5008 (9:00-18:30)
劇団桃唄309 チケットボックス

○会場

サンポートホール 第1小ホール
〒760-0019 高松市サンポート2-1
Phone: 087-825-5000
FAX: 087-825-5040
JR「高松」駅から徒歩5分/ことでん高松築港駅から徒歩5分/高松港から徒歩2分
地図: 劇場サイト
Google Maps

○アクセシビリティについて

・車いすでご観劇頂く場合
客席内に専用スペースがあります。
客席内には8席ぶんの車いすスペースがあります。車いすのまま場内にお入りいただき、そのままご観劇いただけます。

・耳のご不自由なお客様へ
事前に台本をお貸しいたします
耳の不自由なお客様向けに、事前に台本をお貸し致します。あらかじめセリフ等をお読み頂いた上でご観劇頂けます。
(1) 劇団桃唄309までお問い合わせください。→ office☆momouta.org(☆を@に替えてメールをお送りください)
(2) ご用意でき次第、上演台本と出演者早見表をお送りいたします。
(3) 上演台本は、観劇後に受付にてご返却ください。

 

今回はART SETOUCHIによるイベントとして上演されます。
ART SETOUCHIとは

私たちは3年に1度開催される現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」のほか、芸術祭開催年以外においても、発信・誘客の活動に取り組んでおり、その活動全体を「ART SETOUCHI」としています

ART SETOUCHIによる公演の紹介ページ

来る8月6日(日)、劇作家協会の公開講座のイベントの一つとして、
斎藤憐さんの名作『グレイクリスマス』のドラマリーディングに出演いたします。

今年のテーマは「新劇とはなにか」
リーディングは第一部で、第二部はトークセッション「新劇を学ぶ」
詳しくは劇作家協会のウェブサイトをご覧ください。

*******************

《劇作家協会公開講座 2017年 夏》
戯曲セミナー公開講座 / 次代を担う劇作家を育成するためのプロジェクト
年に一度の公開講座を、今年も2日間にわたって開催します。
8月5日には中屋敷法仁によるワークショップと、「新劇とはなにか」を語る催し。翌6日には『グレイクリスマス』(作・斎藤憐)のドラマリーディングと、新劇を学ぶトークセッションをお届けします。
この2日間の講座にはどなたでもご参加いただけます。ぜひ座・高円寺にお出かけください。
日程: 2017年8月5日(土)・6日(日)
会場: 座・高円寺2 JR中央線 高円寺駅 北口 徒歩5分
** 劇作家協会は、初心者の創作体験からプロを目指す人のチャンス作りまで幅広くカバーする“戯曲セミナー”と、実績のある新進劇作家を対象とした“研修課”を、それぞれ通年で開催しています。

【出演いたします】
8月6日(日)
第1部:15:30ー18:00 (途中休憩あり)
ドラマリーディング『グレイクリスマス』
[料金] ¥1,000 (区民・会員は¥900)
[作]  斎藤 憐
[演出] 中津留章仁
[コーディネイター] 丸尾 聡

【キャスト】50音順(敬称略)
石田圭祐(文学座)
猪熊恒和(燐光群)
岡本易代
大西孝洋(燐光群)
菊池佳南(青年団/うさぎストライプ)
金 すんら
小林大輔(TOKYOハンバーグ)
佐藤 誓
鈴木一功(劇団レクラム舎)
髙橋洋介(TRASHMASTERS)
高畑こと美
竹田まどか
都築香弥子
西尾友樹(劇団チョコレートケーキ)
舟橋“委員長”慶子
丸尾 聡
宮島 健
山像かおり
若松武史

※ご案内しておりました毬谷友子さんのご出演はなくなりました。
代わりまして菊池佳南さんがご出演されます。

 

==斎藤憐を継いでいく==
『グレイクリスマス』は1983年に本多劇場で初演。
そして92年から99年まで、劇団民藝のレパートリー作品として上演されました。
舞台は1945年の敗戦から朝鮮戦争までの、5年間の伯爵家。
見事なエンターティメントであると同時に、
戦後に持ち込まれたデモクラシーの捉え方を通して、
日本人の根幹を突き詰めた作品です。
名手・斎藤憐のこの戯曲には、わたしたちがいま学ぶべきものがあります。

***********************

他、5日の催しや、6日の第二部の情報につきましては、日本劇作家協会のウェブサイトをご参照ください。

『007 World Is Not Enough』などでボンドガールも演じた
デニス・リチャーズ主演『ハイジャック・ゲーム』
4月4日(火)DVD発売開始されました。
主役のグレッチェン・ブレア役で吹替出演しております。
ぜひご覧ください!

4月からNHKBSプレミアムでスタートします。
海外ドラマ『シカゴ・メッド』(原題「Chicago MED」)

吹替で出演しております。
役柄など詳細はまた追ってお知らせしますが、
医療ドラマ、人間のドラマ、です。

人の数だけ「生きる」はある。
そんな風に感じます。

4月の放送をお楽しみに!

『シカゴ・メッド』
シカゴにある総合病院の救急部門を舞台に、緊迫した医療の現場と日々の葛藤や人間模様を描くヒューマン・ドラマ。

BSプレミアム 4月4日(火)放送スタート
毎週火曜 午後11時45分
再放送 毎週土曜 午後4時

公式ウェブサイトはこちら

『ナイトシフト3~真夜中の救命医』WOWOWプライム

 毎週水曜日 夜11時から放送中

2/1(水)放送の第5話「死と向き合う夜」より、
プレスラー製薬のジェシカ・サンダース役で声の出演をしております。

WOWOW公式ページより

第5話「死と向き合う夜」あらすじ
プレスラー製薬のMR(医薬情報担当者)ジェシカ・サンダースがERにやってくる。スコットとポールはその会社の心臓弁の試験プログラムに申請しており、対象に何とか選んでもらおうとするが、その条件としてプレスラー製薬とERとの独占契約を結んでほしいと言われる。ジョーダンはがんの化学療法を受ける女性ハンナを担当する。死ぬことを受け入れているハンナにジョーダンはプレスラー製薬の治験を受けさせようとするが……。
出演:
TC・キャラハン(オーエン・マッケン) 声:津田英祐
ジョーダン・アレクサンダー(ジル・フリント) 声:佐古真弓
トファー・ジーア(ケン・レオン) 声:小森創介
スコット・クレメンス(スコット・ウォルフ) 声:松本保典

他、豪華キャストでお届けしております。

ぜひご覧ください。

WOWOWプレミア『刑事ヴァランダー4 ザ・ファイナル』
10月10日 午後5時より全3話一挙放送!
http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/108212/index.php#intro

ケネス・ブラナー製作、主演。世界的人気を誇るへニング・マンケルの小説『ヴァランダー』のシリーズも、今回で本当の最後を迎えます。ケネス・ブラナーの俳優力を見せ付けられるシリーズでもありましたが、ファイナルシリーズ、本当に素晴らしい3本でした。
ヴァランダーの娘役、リンダ・ヴァランダー(ジーニー・スパーク)で声の出演をしています。

10月10日(月・祝)
17:00 第一話『白い雌ライオン』※無料放送
18:35 第二話『愛の形』
20:10 第三話『失われゆくもの』

※再放送は11月13日(日)20:15より毎週1話ずつ放送。

どうぞご覧下さい。

短編劇集 vol.10 秋カフェ『夜いろいろ』@東中野RAFT

全公演、無事終演いたしました。小さな会場ではございましたが、5日間で延べ500名以上のお客様にご来場いただくことができました。ありがとうございました。

おかげさまで『肉屋トビーのひみつの庭』もたいへんご好評をいただき、嬉しい限りです。またトビーに会いたいです。詳細はブログ『今日もひなたぼっこ』に少しですがUPしてあります。どうぞご覧下さい。

 

さて、恒例のいわき出張カフェ公演ですが、今回はBプログラムのN.S.F.『十二夜』と、劇団桃唄309『魚の足をもむには』が、10月10日(月・祝)に、いわき市平のイタリアンレストラン「La Stanza」さんで上演されます。おなじみ佐藤達さんの『かみしばい』も伺います。なんと今回「いわき演劇祭」にも参加しているのですね。お近くの方、ぜひお出かけください。

 

そしてAプログラムに出演された、らまのだ『まど』は、同作品を20分に短縮して今度は「劇王 神奈川Ⅴ」 於:神奈川県民青少年センター 多目的ホール、予選Cブロック(10月15日予選:10月16決勝戦)に挑みます。こちらもぜひ、応援ください。

出演いたします短編劇集vol.10 秋カフェ『夜いろいろ』

本日よりチケット発売開始いたしました。

Cプログラム、劇団桃唄309 『肉屋トビーのひみつの庭』 に出演いたします。

 

■劇団桃唄309 + N.S.F. + らまのだ + 劇団ひまわり
■短編劇集 volume 10 秋カフェ 『夜いろいろ』
2016年9月28日(水)~10月2日(日) 東中野/RAFT

タイプもいろいろな4つのカンパニーが、夜にまつわる諸々を、 見応えたっぷりの短編としてお届けします。
A,B,Cの3つのパートを順繰りに上演します。
カフェコーナーで喉をうるおしつつ、 ゆったりとお楽しみください。

●公演情報
http://bit.ly/201609cafe

●タイムテーブル(開演時間)
※Cプログラムに出演いたします
9月
28日(水) (A)20:00☆
29日(木) (B)18:00★/(C)20:00☆
30日(金) (A)15:30☆/(C)17:30★/(B)19:30☆
10月
1日(土) (C)15:30☆/(B)17:30★/(A)19:30★
2日(日) (A)13:30★/(B)15:30☆/(C)17:30★

※受付開始・開場は、各回の1時間前です。
※各回の上演時間は約55分+おまけコーナー
※開演前・終演後はカフェタイムです。

※おまけコーナーは、
☆→佐藤達のかみしばい
★→トーク
です。

【A】
◎らまのだ『まど』
作 南出謙吾
演出 森田あや
窓の外は今日も信号や車の往来がきれいだ。
兄と弟、一人の女。少し特別ないつもの夜。
→日下部そう 木山廉彬 西井裕美(らまのだ)

◎桃唄309『一年後の月よ、バイバイ』
戯曲・演出 長谷基弘
言うだけならタダだもの。だからあえて言う。いまとっても幸せです! なのに? 復讐?
→五十嵐ミナ 成本千枝 國津篤志

【B】
◎N.S.F『十二夜』
戯曲 シェイクスピア
企画・演出 伊藤馨
戯曲構成 村野玲子 (NICK-PRODUCE)
あら素敵ね。なんて思っても、なかなかうまく進まないっていうのは恋にはよくある話。
→中嶌聡 (クレイジーパワーロマンチスト) さいとうまこと 綾田將一 小林あや 関根信一(劇団フライングステージ)

◎桃唄309『魚の足をもむには』
戯曲・演出 長谷基弘
さえない夜の過ごし方。例えば殺人事件ごっこ。犯人は私。解いて。私はどうやって密室であなたを。
→高木充子 富山聡子 佐藤達

【C】
◎劇団ひまわり
『フォーマルハウトを見上げて』
作 やまぐちやすお。
演出 寺澤正彦
幸せな普通の家族の普通じゃない物語。
→山口泰央 川井桃子 寺内優作 村田志織

◎桃唄309『肉屋トビーのひみつの庭』 ※出演します
戯曲・演出 長谷基弘
遠い昔、精肉店の裏手の庭で、夜中に友達と語りあったはず。そんな店は存在しないのに。
→竹田まどか 山西真帆 力武修一

●料金<日時指定・自由席>
予約・当日 初回2,000円/2回目以降1,500円
※例えばAとBのコマをご観劇いただくと、3,500円になります。
※小さな会場ですので、なるべくご予約ください。
※連続してご覧いただく場合、予約の方が優先となります。

●チケット取り扱い先
こちらのリンクよりご購入いただけます
8/22チケット発売開始

●会場
RAFT
〒164-0001 東京都中野区中野1-4-4 1F
東中野駅から約1.0km・中野坂上駅から約0.8km
地図↓
http://www.momouta.org/m/assets/momouta/img/products/p201609cafe/RAFT-Map_v010.pdf

●企画・制作
ウィンドミルオフィス/劇団桃唄309
〒166-0003 杉並区高円寺南1-18-14 矢島ビル3F
http://www.momouta.org/

劇団桃唄309さんに客演いたします、舞台『風が吹いた、帰ろう』 座・高円寺1が、5月25日(水)初日を迎えます。みなさまどうぞお越しくださいませ。

座・高円寺 春の劇場06/日本劇作家協会プログラム

劇団桃唄309 『風が吹いた、帰ろう』

戯曲・演出 長谷基弘

2016年05月25日(水) – 29日(日)
東京/座・高円寺1
とある病気のいまとむかし
そしてふへんのあいについて

【公演日程】

5月25日(水) 19:00
5月26日(木) 19:00
5月27日(金) 14:00/19:00☆
5月28日(土) 14:00★
5月29日(日) 14:00☆
☆=ポストパフォーマンストーク
★=バックステージツアー(劇団へ要予約)

【チケット】

一般:前売り:予約 4,000円
学生 2,000円 小中高生 1,000円 (学生、小中高生の予約は劇団へ)

【チケット予約】

https://ticket.corich.jp/apply/73093/102/ (竹田扱い)
他、学生チケット等のお求めは劇団ウェブサイトをご確認ください。

【パネル展示のお知らせ】

当日会場では、国立ハンセン病資料館よりお借りしたパネルを展示いたします。
無料展示ですので開演前にご覧いただけます。

みなさまのご来場をこころよりお待ちもうしあげております。

港から、船で二十分のところに、美しい小島がある。
無知や誤解の元に「業病」「天刑病」などと呼ばれていた病。
ハンセン病。その療養所の島。
かつては、わたしやあなたと変わらない人たちでひしめきあっていた。
今は、ただ静かな島。まばゆい白砂。青々とした松。
手を伸ばせば届きそうな空。
想像してみよう。家族と引き離され、社会からほぼ隔絶され、
わたしやあなたは、何を感じながらここにいたのだろうか。
世の中は、つまりわたしたちは、なにを間違えたのだろうか。
繰り返す波が、浜に砂を運び寄せ、時に砂を削る。
織りなす思い、その海に漕ぎ出そう。
たとえ小舟しかなくても。

 

 

 

舞台出演情報です
座・高円寺 春の劇場06/日本劇作家協会プログラム

劇団桃唄309
『風が吹いた、帰ろう』 戯曲・演出 長谷基弘
2016年05月25日(水) – 29日(日) 東京/座・高円寺1

とある病気のいまとむかし
そしてふへんのあいについて

公演詳細ページはこちら

More »